自分だけのオリジナル扇子を-京都でオススメの扇子通販ショップをご紹介-

ホーム > オリジナルの扇子について > 国の伝統工芸品に指定されている京都の扇子

国の伝統工芸品に指定されている京都の扇子

扇子というと、夏に女性が鞄の中にしのばせ、暑さを感じるとおもむろに取り出してあおぐというイメージがありますが、その目的によって様々な種類があります。
茶道、能、日本舞踊、香道、冠婚葬祭時の小物等、一見同じように見える扇子も、用途により様々な工夫が凝らされています。
その起源は平安時代にまで遡ります。
当時は貴族向けのものであり、和歌や公式行事をメモしたりと、筆記用具としても使われていました。
戦国時代には鉄で作られた鉄扇が護身用として使われたり、また落語では箸、筆、たばこ、刀等どんな物にも変身します。
このように日本の伝統文化とは切り離せないものであり、特に京都で作られる京扇子は国の伝統工芸品にも指定されています。
お土産としても日本人のみならず外国人にも大人気です。
最近は歴史ある老舗の品も、わざわざ京都まで出向かなくとも通信販売で購入できることが多いです。
日本だけに留まらず、海外にもその魅力が大いに伝わることが期待されます。



京都で扇子を作っている業者から購入しよう

扇子を通販で購入したいと言う場合は、京都で取り扱っている業者がたくさん存在しているので、まずはインターネット上で確認してみるようにしましょう。
ネット上の口コミ情報などを簡単にチェックすることができる情報コンテンツに目を向けて、間違いのない業者から取り寄せるように意識しておきたいところです。
特定の業者はオンラインショップを構えているので、うまい具合にオンラインショップを通して購入できるようにしておくと良いでしょう。
ただ、関西地方からかなり離れたところに住んでいる人は、送料が大きくかかってしまう可能性があるので注意しておきたいところです。
トータルでどれくらいのお金が必要になって来るのかということを理解し、こちらの予算内で購入できるような形にしておいた方が良いでしょう。
オーダーメイドの商品をお願いする場合は、どれくらいのお金と時間がかかってくるのか、先に見積もりを出してもらってから判断しておくことが大事です。



京都で作られたお洒落な扇子の魅力

京都で作られた国産の扇子は、職人の技術力が結集された商品として世界的にも高い評価を得ており、今や多くの消費者から関心が集まっています。
特に、頑丈な木材が用いられた商品に関しては、数年以上にわたり愛用することができ、職人のスキルの高さやデザイン性の良さなどにこだわりながら商品選びをすることがおすすめです。
また、扇子の購入先を賢く選びたい時には、店舗内で絵付け作業の実演が行われているところを探したり、好みの商品を提案してもらったりすることがポイントです。
なお、京都の扇子の品質は、素人が判断しにくい部分がありますが、各店舗のおすすめの商品の使いやすさに注目をすることが肝心です。
その他、高級な商品を購入するにあたり、修理の依頼を引き受けてくれる店舗を選ぶことで、長期的に良好な状態をキープすることが可能です。

次の記事へ
ページトップへ